やぎさんのオリジナル泳法のすすめ

楽に、静かに、できれば速く、還暦すぎてのラクラク健康スイミング (円月泳法、鉤腕泳法、八の字泳法、招き猫泳法、らくらく2ビート背泳、やぎロール、イルカ泳ぎ等)

47. 何と、インフルエンザに

記事分類目次はこちら

 

ショックである。

去る、3/17夜から発熱、全身の痛み頭痛。インフルエンザの始まりである。

前回、かかったのが、実に32年前。

もう、私は、インフルエンザに罹らないようになったのだ、と思っていた。

ところがである。

 

これは、一体、なぜなのか?

老人になって、免疫力が落ちただけよ。ということに過ぎないのかもしれない。

 

このところ、変わったことは何かを探してみると、陸でのトレーニングを始めたぐらいしかない。

さては、トレーニングルームでの感染か?

発症した当日は、30分くらいの空中ウォークで異様に疲れて、水泳もやめてしまった。

 

結局、2~3日もだえ苦しんで、平熱に戻ったのは3日前。

ジムに復帰したのは、今日の3/24である。

もっとも、今日は、ゴーグルを忘れて、プール一往復だけ。ちょっと水に漬かっただけだった。

 

聞くところによると、ジム仲間の多くは、インフルエンザなどでは、ジムを休むことはないのだそうだ。

「ひ弱な人は休むらしいですね。私は先日8度以上出ましたけど、休みませんでしたね。」

などという人は珍しくないらしい。

驚くではないか。

高熱は、むしろ、ジムに来て冷ますらしい。

 

何ということか!

ウィルスは蔓延しているのだ。

それはそうだ。街中でもそうなのだから。できるのは人ごみを避ける努力くらいだ。

 

塩素の濃いプールにもちゃんと入って、せっせと消毒もしなければ....という冗談が、冗談でなくなってきたような気もする。

 

でも、ウィルス自体を殺す薬はないのだ。

 

まあ、大変な一週間であった。

 

 

46. 水泳と身体の故障 その4

記事分類目次はこちら

トレーニングルームでの訓練の成果 

 

 さて、一週間は経った。

もう、一週間、いや、まだ、一週間しか経っていないともいえる。

でも、長い経過報告になる、と、当初予想していたのである。

完治と言うにはまだまだという気もするが、老化は進んでいるのだから、完全な状態というか、若返ったりすることは望むべくもない。

まだ、膝はかくかくしている。

朝起きたときや、ジムを休んで運動しなかったりすると、とくに怪しくはなる。

しかし、前のよいに、膝に、ピキッとした感じの痛みは、ほとんど無い。

それゆえ、水の中だけでなく、陸のトレーニングを行うことが必要であることを、私の膝の痛みの結論として、一応この段階で、膝の記事に、ひと段落つけることにしたい。

今後、変化が生じたときに、また、報告することとする。

 

45. 水泳と身体の故障 その3

このブログの内容を、体系的にまとめて、次のウェブサイトで公開している。

f:id:mehme:20151215202740g:plain

http://swimming.uetsuki.info

このブログの、記事分類・目次はこちら

トレーニングルームでの訓練の成果

 

[第5日目] 3/9

空中ウォーキングのEllipticalで、15分。若干ストレッチ。

水泳20分

痛みは無くなった。カクカクするのは、まだあるが、右膝にも、それぐらいはある。

効果覿面。一週間も経たずして、これほどになるとは、思っても見なかった。

1年ほど気になっていたのが、嘘のようだ。

 

[第6日目] 3/10

朝起きたときには、若干膝に違和感も感じていたが、屈伸でおさまる。

ジムへの道で、数十メートル小走りしても、特段の問題もなかった。

水泳のみ40分。2ビート、6ビートとも、特に膝に支障はない。

バタフライのキックでは、少しだけ不安もあったが、問題はなかった。

 

余談だが、プールで、時々ご一緒する方に、傘寿前のとっつぁんがいる。

いつもより長めに入っていたその方に、冷えないようにしてくださいね、と余計なことを言ってしまった。私より泳ぐのは速い。私の歳のころは、もっともっと速かった。

そのとっつぁん曰く、「72年前の今日、俺は隅田川に一晩中漬かっていたんだよ」と。

そう、今日は3月10日だった。

その方は、当時、国民学校一年生だった。「トラックの上に死体が満載されて、その上に兵隊が座っていた。」と付け加えた。

うちに帰ってから小説を読んでいたら、爺さんが3月10日の東京大空襲のはなしを詳細に語る場面が出てきた。偶然とはいえ、改めて考えさせられてしまった。

戦争の悲惨さは、誰もが認めるところだ。

しかし、戦争が起こされるしくみは、別のところにある。悲惨さを考慮する要素は、そこにはない。

各々の人間の持つ欲得。権力や財力を持つ人々の欲得の総体が戦争に駆り立てるのだ。

 

続く