やぎさんのオリジナル泳法のすすめ

楽に、静かに、できれば速く、還暦すぎてのラクラク健康スイミング (円月泳法、鉤腕泳法、八の字泳法、招き猫泳法、らくらく2ビート背泳、やぎロール、イルカ泳ぎ等)

47. 何と、インフルエンザに

記事分類目次はこちら

 

ショックである。

去る、3/17夜から発熱、全身の痛み頭痛。インフルエンザの始まりである。

前回、かかったのが、実に32年前。

もう、私は、インフルエンザに罹らないようになったのだ、と思っていた。

ところがである。

 

これは、一体、なぜなのか?

老人になって、免疫力が落ちただけよ。ということに過ぎないのかもしれない。

 

このところ、変わったことは何かを探してみると、陸でのトレーニングを始めたぐらいしかない。

さては、トレーニングルームでの感染か?

発症した当日は、30分くらいの空中ウォークで異様に疲れて、水泳もやめてしまった。

 

結局、2~3日もだえ苦しんで、平熱に戻ったのは3日前。

ジムに復帰したのは、今日の3/24である。

もっとも、今日は、ゴーグルを忘れて、プール一往復だけ。ちょっと水に漬かっただけだった。

 

聞くところによると、ジム仲間の多くは、インフルエンザなどでは、ジムを休むことはないのだそうだ。

「ひ弱な人は休むらしいですね。私は先日8度以上出ましたけど、休みませんでしたね。」

などという人は珍しくないらしい。

驚くではないか。

高熱は、むしろ、ジムに来て冷ますらしい。

 

何ということか!

ウィルスは蔓延しているのだ。

それはそうだ。街中でもそうなのだから。できるのは人ごみを避ける努力くらいだ。

 

塩素の濃いプールにもちゃんと入って、せっせと消毒もしなければ....という冗談が、冗談でなくなってきたような気もする。

 

でも、ウィルス自体を殺す薬はないのだ。

 

まあ、大変な一週間であった。