読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やぎさんのオリジナル泳法のすすめ

楽に、静かに、できれば速く、還暦すぎてのラクラク健康スイミング (円月泳法、鉤腕泳法、八の字泳法、招き猫泳法、らくらく2ビート背泳、やぎロール、イルカ泳ぎ等)

32. 「速く泳ぐ方法」と「楽に泳ぐ方法」の相違 その2

http://swimming.uetsuki.info この記事は、前記事31の続きである。 3.楽に泳ぐ方法既に、「速く」泳ぐための要件は整理した。次の3つであった。(1) 抵抗の最小となる基本姿勢をとること(2) 有する部品(手足)で、最大の推進力を生じさせること…

31. 「速く泳ぐ方法」と「楽に泳ぐ方法」の相違 その1

1.はじめに速く泳ぐ方法論は、ちまたに溢れている。しかし、恐らく、その方法論は、誰にでも適用できるわけではないだろう。膨大な数の競泳者の中から、努力と資質と天性によって選ばれた人たちだけが、最終的にオリンピックなどの競技に出場できるのだ。…

21. らくらくクロール その7 アンカー鉤腕泳法(記事削除)

一旦紹介したこの泳法は、鉤腕泳法のローリング角を小さくして高速にしたものと分類しy9ようと思う。それゆえ、この記事は削除することとした。(2016.01.06)

18. 2ビートキックの効用

このブログで紹介している「らくらく泳法」では、キックによる推進力については、あまり重視していない。最初から基本原則で述べているように、「キックで疲れるようなことはよそう、」と述べてきた。足には筋肉がたくさんついていて、これを動かすとエネル…

11. らくらくクロール その3 鉤腕泳法

またまた、オリジナル泳法の紹介である。 今度の泳ぎは、肩の故障や、様々な理由から、腕があまり上まであがらない場合にお奨めだ。腕を前方に出すことを全く要求していないからだ。 その他、身体のストリームラインを真っ直ぐにできない人にも一度試みてほ…