読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やぎさんのオリジナル泳法のすすめ

楽に、静かに、できれば速く、還暦すぎてのラクラク健康スイミング (円月泳法、鉤腕泳法、八の字泳法、招き猫泳法、らくらく2ビート背泳、やぎロール、イルカ泳ぎ等)

42. 楽に、より速く (その4 続々々・身体全体をスクリューに)

随分時が経ってしまった。 大分なれてはきた。しかし、飛躍的な進歩はないが、大分軽くなってきた感はある。 速くするには、ピッチを上げる必要がある。 しかし、まだ、ピッチを上げても、疲れるし、さほど速くもならない。 ゆっくり前後に大きく伸びて泳ぐ…

41. 楽に、より速く (その3 続々・身体全体をスクリューに)

このブログは、更新したのち、内容をまとめて次のウェブサイトに掲載している。 このブログの記事を分類した目次はこちら さて、前回記事から2週間ほど経った。 より、楽に速く泳ぐことを目的に、これまで、私のらくらくクロールで慣れ親しんだ2ストローク…

40. 楽に、より速く (その2 続・身体全体をスクリューに)

このブログは、更新したのち、内容をまとめて次のウェブサイトに掲載している。 このブログの記事を分類した目次はこちら この記事は、前記事の続きである。 身体全体をスクリューにする実践編である。 まずは、ゆっくり、ローリングを大きくとって、腰の回…

39. 楽に、より速く (その2 身体全体をスクリューに)

このブログは、更新したのち、内容をまとめて次のウェブサイトに掲載している。 このブログの記事を分類した目次はこちら この記事は、前記事の続きである。 (姿勢の続き−−実践) さて、改めて、円月泳法で、頭を上げて泳いでみたが、これは、やはり、とて…

17. 効率的なプル :  ローエルボーへの誘い その2 

前回記事の続きとして、この記事では、われわれ還暦スイマーにとっての効率的なプルとは何かを考えてみよう。 1. 水を最大に捉えることができる瞬間のプルの形は? 異論のないと思われる形は、次のような形であろう。 直立して両手をまっすぐ前方に水平に突…

16. キャッチとは? :  ローエルボーへの誘い その1  

「00. はじめに」の記事でも書いたが、適切なキャッチの方法は、泳速によって異なってくると私は考えている。 できるだけ、前方遠くに手を伸ばし、ハイエルボーで水を掴まえて、腿まで一気に抜ききるように見えるクロールは、かなり高速で泳いでいるものだ。…

15. ローリングの効用

ローリングの効用 1. らくらくクロールでの90度ローリングの奨め シリーズらくらくクロールでは、円月、クワガタ、鉤腕、下段突き、万歳泳法等の泳ぎかたを紹介してきた。これは、どれも大きなローリングが可能であるが、とりわけ、円月とクワガタ泳法をのぞ…

14. 泳ぎの基礎理論

泳ぎを研究するからには、基礎的な理論を一応押さえておこう。 物理学的な理論は学校でならったことだが、応用の一つとして、実際に泳ぐときにどのような物理的な力が身体に及ぶのか、基本的なことを確認しておこう。 1. 水の抵抗は、断面積に比例する。 泳…

10. 円月泳法はなぜラクなのか

記事「03.らくらくクロール その1」で紹介した円月泳法がなぜラクなのか、ここで少し考えてみた。 当面考えられる要素は、3つありそうだ。 1. 動きが簡素で、滑らかなこと 2. 水を効率よく押し出すこと 3. 身体のバランスをとりやすいこと 以上、とりあえず…

08. 究極の、らくらくやぎさんオリジナル泳法  やぎロール

4泳法の紹介が済んだので、ようやく、この泳ぎを紹介できる時が来た。 これまで、私は、4泳法を研究してきたが、その過程で、バタフライとクロールの折衷に近い、オリジナル泳法を編み出してきた。これは、力もいらず、呼吸もラクで、楽しく泳げて、そこそ…