やぎさんのオリジナル泳法のすすめ

楽に、静かに、できれば速く、還暦すぎてのラクラク健康スイミング (円月泳法、鉤腕泳法、八の字泳法、招き猫泳法、らくらく2ビート背泳、やぎロール、イルカ泳ぎ等)

50. 速く泳ぎたいけれど...その2

記事分類目次はこちら 前記事を書いてから、ひとつずつの要素を検討してきた。 しかし、残念ながら、速さに関しては、これまでの成果を大きく超えるような泳ぎをみつけることができないでいる。 そこで、もう一度、原則に立ち返ることにして、試行錯誤を繰り…

49. 速く泳ぎたいけれど...次なるステップへ

記事分類目次はこちら 速く泳ぐ試みの記事(38~42 楽に、より速く..)から、大分時が経った。 これまで、この試みについての練習はしてきた。それなりに、気持ちよく泳げるようにはなった。水面にひらひらと浮かんで、軽く泳ぐ感じは良いものだ。しか…

48. 医療に思う

記事分類目次はこちら インフルエンザで休日診療を受けた インフルエンザの高熱が引き始めた3日目の午後、休日の当番医のA診療所に出かけた。普段なら治るまで放って、寝倒すのだが、あえて出かけたのだ。というのは、気管支の痒みがとれず、咳が止まらない…

47. 何と、インフルエンザに

記事分類目次はこちら ショックである。 去る、3/17夜から発熱、全身の痛み頭痛。インフルエンザの始まりである。 前回、かかったのが、実に32年前。 もう、私は、インフルエンザに罹らないようになったのだ、と思っていた。 ところがである。 これは、一体…

46. 水泳と身体の故障 その4

記事分類目次はこちら トレーニングルームでの訓練の成果 さて、一週間は経った。 もう、一週間、いや、まだ、一週間しか経っていないともいえる。 でも、長い経過報告になる、と、当初予想していたのである。 完治と言うにはまだまだという気もするが、老化…

45. 水泳と身体の故障 その3

このブログの内容を、体系的にまとめて、次のウェブサイトで公開している。 http://swimming.uetsuki.info このブログの、記事分類・目次はこちら トレーニングルームでの訓練の成果 [第5日目] 3/9 空中ウォーキングのEllipticalで、15分。若干ストレッチ。…

44. 水泳と身体の故障 その2

このブログの内容を、体系的にまとめて、次のウェブサイトで公開している。 http://swimming.uetsuki.info このブログの、記事分類・目次はこちら どうして私の膝は悪くなったのか? 私の水泳は、らくらくスイミングだ。 水の中で、長らく足を弛緩させて泳い…

43. 水泳と身体の故障 その1

このブログの内容を、体系的にまとめて、次のウェブサイトで公開している。 http://swimming.uetsuki.info このブログの、記事分類・目次はこちら 健康のための水泳 健康のための水泳だ。そう思ってきた。しかし、身体の故障と無縁ではない。むしろ、密接な…

42. 楽に、より速く (その4 続々々・身体全体をスクリューに)

随分時が経ってしまった。 大分なれてはきた。しかし、飛躍的な進歩はないが、大分軽くなってきた感はある。 速くするには、ピッチを上げる必要がある。 しかし、まだ、ピッチを上げても、疲れるし、さほど速くもならない。 ゆっくり前後に大きく伸びて泳ぐ…

41. 楽に、より速く (その3 続々・身体全体をスクリューに)

このブログは、更新したのち、内容をまとめて次のウェブサイトに掲載している。 記事分類目次はこちら さて、前回記事から2週間ほど経った。 より、楽に速く泳ぐことを目的に、これまで、私のらくらくクロールで慣れ親しんだ2ストロークで1回浮沈する運動…

40. 楽に、より速く (その2 続・身体全体をスクリューに)

このブログは、更新したのち、内容をまとめて次のウェブサイトに掲載している。 記事分類目次はこちら この記事は、前記事の続きである。 身体全体をスクリューにする実践編である。 まずは、ゆっくり、ローリングを大きくとって、腰の回転の遅れを確認して…

39. 楽に、より速く (その2 身体全体をスクリューに)

このブログは、更新したのち、内容をまとめて次のウェブサイトに掲載している。 記事分類目次はこちら この記事は、前記事の続きである。 (姿勢の続き−−実践) さて、改めて、円月泳法で、頭を上げて泳いでみたが、これは、やはり、とても気持ちが良い。浮…

38. 楽に、より速く (その1 姿勢)

このブログは、更新したのち、内容をまとめて次のウェブサイトに掲載している。 記事分類目次はこちら このブログでは、健康のための楽々スイミングを目的として、私が考案したいろいろな楽な泳ぎ方を紹介してきた。 それゆえ、速く泳ぐことは、直接の目的と…

37. らくらく背泳ぎのローリングと姿勢

このブログの内容を、体系的にまとめて、次のウェブサイトで公開している。 記事分類目次はこちら 左右非対称の泳法では、普通、一方の腕が前方に伸び、一方の腕がプルを行うことになる。 らくらく背泳ぎでもそうである。 プルをした腕をリカバーするタイミ…

36. 2ビートのらくらく背泳ぎ (プルの補足)

このブログの内容を、体系的にまとめて、次のウェブサイトで公開している。 記事分類目次はこちら このブログで一番多く読まれているページは、05. 背泳編 2ビートのらくらく背泳ぎである。 私も、毎日、この泳ぎでゆっくり泳いでいる。25mを35秒、1…

35. クロールを自分に最適化する その2(速やかな左右転換)

このブログの内容を、体系的にまとめて、次のウェブサイトで公開している。 記事分類目次はこちら 身体に合わせてクロールを最適化する その2 この記事は、前回記事(34. クロールを自分に最適化する その1(グライドとキャッチ))の続きである。 1.…

34. クロールを自分に最適化する その1(グライドとキャッチ)

このブログの内容を、体系的にまとめて、次のウェブサイトで公開している。 http://swimming.uetsuki.info このブログの、記事分類・目次はこちら 今回は、 クロールを自分に最適化するとした。 プールで、いろいろな方のクロールを見ていると、クロールの型…

33. キャッチの感覚

記事分類の目次はこちら 随分長いご無沙汰であった。 このところ、時間があるときは、つい、他の趣味などに手が出てしまって、しばらく、このブログから離れていた。 もちろん、泳いでいなかったわけではない。 毎日、一時間ほど泳いでいる。 距離は決めてい…

記事分類 目次

このブログの内容を、体系的にまとめて、次のウェブサイトで公開している。 http://swimming.uetsuki.info やぎさんのオリジナル泳法のすすめ 記事分類 目次 【目的・概論】 00. 還暦すぎてのラクラク健康swimming 01. さかなのように、イルカのように、優雅…

32. 「速く泳ぐ方法」と「楽に泳ぐ方法」の相違 その2

http://swimming.uetsuki.info この記事は、前記事31の続きである。 3.楽に泳ぐ方法既に、「速く」泳ぐための要件は整理した。次の3つであった。(1) 抵抗の最小となる基本姿勢をとること(2) 有する部品(手足)で、最大の推進力を生じさせること…

31. 「速く泳ぐ方法」と「楽に泳ぐ方法」の相違 その1

1.はじめに速く泳ぐ方法論は、ちまたに溢れている。しかし、恐らく、その方法論は、誰にでも適用できるわけではないだろう。膨大な数の競泳者の中から、努力と資質と天性によって選ばれた人たちだけが、最終的にオリンピックなどの競技に出場できるのだ。…

やぎさんのオリジナル泳法のすすめ 記事分類 目次

2016.01.06 これまで、お知らせしたように。私は、これまでの成果をまとめて、新しいウェブサイトで公開している。新しいウェブサイトは、以下である。 http://swimming.uetsuki.info ブログだと、体系的な記述をすることが難しいことと、動画を配…

チャックさん、ありがとう

チャックさんがブログ(キックなしでもクロールは泳げる!)の執筆を閉じられることになった。突然で驚いた。 チャックさんのブログには、本当に目を開かれることが多く、毎回の記事を楽しみにしていたのに、それが閉じられるというのは、本当に、残念至極で…

30. 片腕シリーズ 片腕伸し(のし、横泳ぎ)

この泳ぎは、「やぎさんの伸し」の変化だ。 この記事は、片腕シリーズに属するので、一応別記事としておく。 「やぎさんの伸し」については、前記事として書いたが、再掲しておく。(読んだ方は読み飛ばしていただきたい。) その上で、片腕だけの泳ぎに移る…

29. やぎさんの伸し

古式泳法に「伸し(ノシ)」がある。 古式泳法では、煽り足を多用する。煽り足を横に用いる、すなわち、横を向いて、両足を前後に開く(上の足を前に開く)方法は、「伸し」で使われている。 いわゆる横泳ぎと呼ばれているのは、伸しの一形態のようだ。 伸し…

28. 片腕シリーズ 片腕バタフライ

【片腕バタフライ】 片手バタフライは、記事「07.2 らくらく時間差バタフライ」ですでに説明したが、「片手」の場合は、プルしない手は前方に伸ばしている。それゆえ、ここで説明する「片腕」バタフライは、手を前方に伸ばせない場合のことである。 それゆえ…

31. イルカ泳ぎ イルカのように自由に泳ごう

古式泳法とバタフライのコラボレーションとでもいおうか。 豪快にイルカが水上に息継ぎに出てくるように、浮き沈みを楽しみながら自由の泳ぐものである。それゆえ、イルカ泳ぎと命名する。 ぜひ、イルカやカジキになったつもりで楽しんで欲しい。 古式泳法に…

27. 片腕シリーズ 概論

私自身、広背筋でプルせずに、つい腕に力を入れて泳いだりすると、肩が痛くなることがある。そんなときは、その腕に負担をかけないで泳ぐように工夫をする。 普通は、その腕の力を完全に抜いて身体にまつわりつくようにプルすれば問題ないが、今回は、何らか…

26. 身体的特徴と水泳

身体的特徴と個性 泳ぐために生まれてきたような人もいる。例えば、イアン・ソープのような人。彼は、速く泳ぐために生まれてきたような人だ。背が高く、柔軟で、手足もヒレのようだ。 速くなくてもいい、泳ぐのが好きという人もいるだろう。 反対に、泳ぐの…

25. らくらくバタフライ 

まだ、私にとってバタフライは、それほどラクな泳ぎではない。もっとも、他の泳ぎでは、ほとんど力を込めていないので、それらと比べるからかもしれないが、でも、第1の理由は、まだ修行が足りないのだろう。そして、第2の理由は、やはり、私の肩間接の稼動…