やぎさんのオリジナル泳法のすすめ

楽に、静かに、できれば速く、還暦すぎてのラクラク健康スイミング (円月泳法、鉤腕泳法、八の字泳法、招き猫泳法、らくらく2ビート背泳、やぎロール、イルカ泳ぎ等)

45. 水泳と身体の故障 その3

このブログの内容を、体系的にまとめて、次のウェブサイトで公開している。

f:id:mehme:20151215202740g:plain

http://swimming.uetsuki.info

このブログの、記事分類・目次はこちら

トレーニングルームでの訓練の成果

 

[第5日目] 3/9

空中ウォーキングのEllipticalで、15分。若干ストレッチ。

水泳20分

痛みは無くなった。カクカクするのは、まだあるが、右膝にも、それぐらいはある。

効果覿面。一週間も経たずして、これほどになるとは、思っても見なかった。

1年ほど気になっていたのが、嘘のようだ。

 

[第6日目] 3/10

朝起きたときには、若干膝に違和感も感じていたが、屈伸でおさまる。

ジムへの道で、数十メートル小走りしても、特段の問題もなかった。

水泳のみ40分。2ビート、6ビートとも、特に膝に支障はない。

バタフライのキックでは、少しだけ不安もあったが、問題はなかった。

 

余談だが、プールで、時々ご一緒する方に、傘寿前のとっつぁんがいる。

いつもより長めに入っていたその方に、冷えないようにしてくださいね、と余計なことを言ってしまった。私より泳ぐのは速い。私の歳のころは、もっともっと速かった。

そのとっつぁん曰く、「72年前の今日、俺は隅田川に一晩中漬かっていたんだよ」と。

そう、今日は3月10日だった。

その方は、当時、国民学校一年生だった。「トラックの上に死体が満載されて、その上に兵隊が座っていた。」と付け加えた。

うちに帰ってから小説を読んでいたら、爺さんが3月10日の東京大空襲のはなしを詳細に語る場面が出てきた。偶然とはいえ、改めて考えさせられてしまった。

戦争の悲惨さは、誰もが認めるところだ。

しかし、戦争が起こされるしくみは、別のところにある。悲惨さを考慮する要素は、そこにはない。

各々の人間の持つ欲得。権力や財力を持つ人々の欲得の総体が戦争に駆り立てるのだ。

 

続く

 

 

44. 水泳と身体の故障 その2

このブログの内容を、体系的にまとめて、次のウェブサイトで公開している。

f:id:mehme:20151215202740g:plain

http://swimming.uetsuki.info

このブログの、記事分類・目次はこちら


どうして私の膝は悪くなったのか?


私の水泳は、らくらくスイミングだ。

水の中で、長らく足を弛緩させて泳いでいると、膝関節の間が間延びしてくるはずだ。
そうすると、すり合わせの軟骨の噛みあわせが、滑らかにならない部分も出てくるだろう。
また、いろいろな方向の力が加わると、傷む部分も出てくるかもしれない。

日常の生活で、ほどほどに歩いたり、昇降をすれば、膝の関節のすり合せは滑らかに保たれるのであろうが、私のように、運動は水泳だけ、という場合には、ちょっとした関節の齟齬が回復されなくなる虞れがあるのではないだろうか。

かつて、ジムのマシントレーニングやスタジオプログラムをやっていた頃は、膝の痛みは気にならなかった。

そのうち、水泳がおもしろくなって、スタジオでは、週一回、バレトンをやるくらいに留まり、水泳の時間が長くなった。

その頃から、力を入れたキックで膝に少し痛みを感じるようになった。そして、10ヶ月前くらいからは、水泳だけになり、全くトレーニングルームには行かなくなった。

私は、そのほかに、甲状腺ホルモンの低下があって代謝機能が低下している。老化が早く、筋が攣りやすくもなっていることも、靱帯などへの影響があるかもしれない。


そういうわけであるが、私の左膝の現在の状態は、真っ直ぐにして屈伸する分には、「こきこき」音がして違和感があるものの、深く折りたたみさえしなければ痛みはない。

そこで、荒療治かもしれないが、マシントレーニングをすることにした。

 

陸上での運動開始

[第1日目] 3/5
ジムのマシーンを使って空中ウォーキングをする(Elliptical )。負荷をかけて、秒速一回転くらいで10数分続けた。膝が重く、若干痛くなってきた時点で中断。
その後、ストレッチ。最後に、5分ほどサイクリングの機械でビートの裏打ちを意識した練習。
ここまでで、左足は、安定したよい感覚が得られるようになった。
続いて、水泳を30分ほど行う。
水泳で足を使うと、カクカクした感じがまた出てきた。関節が伸ばされると元にもどるのか。

ともあれ、一日目で、陸上トレーニングの効果があったのは、大きな成果である。

しかし、トレーニングルームは、臭いがきつい。香水その他の臭いがたまらないのが難だ。

もっとも、プールでも、臭いが気になることが、しばしばある。

[第2日目] 3/6
水泳のみ。2km、1時間ほど。キックなしとするか、足を使っても、やわらかく使う。主としてクロール。
膝の痛みが増すということはなかったが、余りよい感じではない。

[第3日目] 3/7
空中ウォーキングEllipticalで、 負荷をかけて、秒速一回転くらいで15分。膝が重くなってきた時点での中断だ。
その後、ストレッチ。腰のひねりと腹筋強化を少し。
左足の感覚が、安定したよい感じである。不安感がない。階段も怖くない。
続いて、水泳を30分ほど行う。
平泳ぎやビートで足を使うと、やはり、カクカクした感じが強くなる。
しかし、路上での歩行には、何の不安もなくなった。小走りもできる。
じっと椅子に座った後は、歩くと内側半月板のあたりに痛みを感じるようになる。

 

[第4日目]3/8

水泳のみ45分。

最初はキック無し。後は、力を入れず、柔らかく波打つキック。

前後に脚の屈伸運動を少し行った。

今日は、膝が痛くなることはなく、ガキガキとした感じもなかった。

しかし、昨日は、狭いところに落ちたものを拾うとき、ちょっと無理な姿勢をして攣りそうになったせいか、背中の筋肉(多分左の下後鋸筋)を傷めたようだ。よく攣るのだ。

ホルモンバランスが悪いためだろう。加齢が早く、筋や関節だけでなく、視覚、聴覚にも支障をきたし始めている。

 まあ、完全な身体を持つ人はいない。平均的な身体というものはない。自身のもった特質と付き合っていくしかない。責任も自分で持つしかないのだ。

 

続く

 

43. 水泳と身体の故障 その1

 このブログの内容を、体系的にまとめて、次のウェブサイトで公開している。

f:id:mehme:20151215202740g:plain

http://swimming.uetsuki.info

このブログの、記事分類・目次はこちら

健康のための水泳

健康のための水泳だ。
そう思ってきた。
しかし、身体の故障と無縁ではない。むしろ、密接な関係がある。

そもそも、私が毎日のように水泳を始めたのは、肩の故障が原因であった。
2011年であったか、公園の遊具にぶら下がって肩を痛めたのだ。
頭の中は少年のつもりでぶら下がったのがいけなかった。身体は重く、肩は弱くなっていたのだ。
実は、30年ほど前にも、同じ失敗をしていたのを思い出した。
そのときも、数年ほど治らなかったが、キャッチボールを始めて、ようやく治ったという経緯がある。

今回、また痛めた肩を直すために取り組んだのが、水泳であった。
2012年の春から少しずつ始めて、2年ほどかかって痛みがとれた。

水泳は、無理のない運動で、過重な力が入らないから、筋肉や関節の故障をしないのだ。
とはじめは思っていた。

しかし、実際には故障をする。

クロールなどのリカバリーのしかたによっては、腕や肩の筋や関節を痛めたりする。
そんなことくらいは知ってはいた。それに、そもそも、私の目指すのは「らくらくスイミング」である。
だから、ひどいことにはならないし、力をこめて泳ぐようなことは余りしないことにもしていた。

そんな、私であるが、実は、膝に違和感を感じている。2年半ほど前からだ。
特に、1年ほど前から、クロールで速度を上げると、左膝が少し痛くなるようになった。
だから、キックなしや、右キックだけにすることも多い。

しかし、ここ半年ばかりは、若干速度を上げて泳ごうとしているのは、このブログで紹介しているとおりである。
そして、ここ2ヶ月くらいは大分左膝が痛いことがあり、歩くときにも、少し不安を感じるようにさえなってきた。

詳しく観察してみると、左膝の内側の半月板あたりが特に痛むことがあるようだ。
始終痛いというのではない。曲げ伸ばしは、カクカク音がし、深く曲げにくかったりするだけだ。しかし、少しねじれたり、何かの拍子に痛みを感ずるのだ。

そして、台に乗ったり、早歩きの時など、何とも足元が信頼できない状態になったのである。

医者に見てもらうことも考えた。しかし、おそらく、検査するだけで、この段階では治療法は、安静にするだけということになると思った。
それに、左足を使わずに、水泳をすることには、まったく問題はないし、そもそも、そのようにもしている。
しかし、それでも改善しないのが問題だ。
某社のグルコサミン・コンドロイチン・ケラチナミンの一ヶ月お試しをしてみたが、さしたる変化なし。

そこで、つらつら考えてみたのだが、はっと思い当たったことがある。

これまで、水泳は、健康のための運動として、実に、適していると思っていた。

陸の運動と異なり、筋肉や関節に過度の負荷をかけることなく、無理なく筋力を増強できる。そして、呼吸器や皮膚の鍛錬にもなる。加えて、プールの水の適度の雑菌によって免疫力もつき、風邪も引きにくくなるに違いない。ゆっくり泳げば、肩凝りもなくなるし、お腹もすっきり締まること請け合いだ、と書いてもきた。

それには間違いはないし、それを訂正する気は毛頭ない。

しかし、それだけでいいと考えてきたことに、大きな落とし穴があったのではないかと、今、思うのだ。

昨年、急な停電で、建物の13階の階段を地上まで下りる羽目になった。
そんなこと、以前は、なんでもないことだった。
ところが、その時は、降りてくるのがやっとで、地上に降り立ったときには、膝が笑っていたのだ。

これはどうしたことか?
何としたことか。何と、「らくらくスイミング」で必要な筋力を失っていたのである。
これは私にとって、大きな衝撃であった。

宇宙飛行士は、地上に帰還すると自身の身体が支えられないほど必要な筋力を失う。
私も、言ってみれば、水の中での無重力に慣れすぎていたということでは、似たことをしていたということになるのではないだろうか。

そして、これは、筋力だけの話だろうか?

おそらく、これは、確実に骨にも影響を与えているのではなかったのか?

骨にも、筋肉にも、まともな生活に必要な重力の存在を知らしめてやらねばならないのではないだろうか?
普通の人々は、さまざまな活動をしているのだろうから、何も心配することはないのだろうが、なにしろ、私は、毎日、ジムで水泳をするための往復、約1kmを歩くことしか、ほかに何もしていないのだ。

それゆえ、安静にしても私の膝は治らない。私の膝の場合、安静にするのは、間違いなのだ!

ということで、この考えをもとに、膝の痛みの改善を始めることにした。

以下、次記事へ。